大江戸写絵「絵青」

笑撃武踊団所属 絵師

高下駄完成
一度組み立てた高下駄をばらしまして・・・

高下駄、ばらし

鉋をかけて形を整えていきます。

高下駄、磨き高下駄、鉋がけ

鉋がけ後は・・・ひたすら鑢で磨いていきます。

鉋がけ完成

組み立ててパテ埋め・・・さらに鑢をかけて色を塗って完成ですw
本当は漆塗りの高下駄にしたかったのですが、今回は初めての作品・・・
光沢のあるペンキで色塗りです。


高下駄仮組高下駄完成

仮完成と比べてもかわいさは増してますよね?

ブログランキングに参加しています。
クリックしてランキングのぞいてみてください。
そしてまたここへ帰ってきてください(笑)
にほんブログ村 美術ブログへ
| 2009.05.04 Monday | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
高下駄制作6
高下駄の前歯には独特の丸みがあります。
これを出すのが至難の業。
カッターナイフで丁寧に丁寧に丸めていきます。

前歯

まずは両足分仮組をして形を揃えました。

仮組

出来上がっていくのは楽しいものですね!
| 2009.05.02 Saturday | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
高下駄制作5
高下駄の前歯部分を制作
本当は1枚の角材を使いたいところなのですが・・・
今回は低「予算で!」が大切なポイント
三枚の板を重ねてボンドで固めます

高下駄、前歯

これに草履をはめる船の前の部分を合わせて・・・

高下駄、前歯面取り

このように削り出します

このように入りますtakageta maeba

並べてみるとわかりますよね♪

この前歯の部分・・・制作が進むほど可愛く感じてしまいますw


ブログランキングに参加しています。
クリックしてランキングのぞいてみてください。
そしてまたここへ帰ってきてください(笑)
にほんブログ村 美術ブログへ
| 2009.05.02 Saturday | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
高下駄制作4
高下駄作りは続きます、時間的にはまだ4時間ほどかな?
草履を入れる船の部分の面取りが出来たのでいよいよ下駄をはめ込む穴を開けます。
・・・と言いましても本当の高下駄がどのように作られてるか?
なんて全く知らないので、感で作っています。

果たしてこれでほんとにいいのか?

草履を入れる所

江戸時代の高下駄職人にこんなのは本当の高下駄じゃない!
サルまねだ!!なんて怒られそうです。

このように入ります

実際に草履を乗せるとこんな感じ・・・おー・・・それっぽくありませんか?(笑)

下駄の歯を入れる所

まずは高下駄をはめ込む接ぎの部分の穴あけからw
そうそう本当はカッターナイフだけで作るつもりだったのですが流石に無理と気が付きまして・・・

カンナとノミを買ってまいりました。



| 2009.05.01 Friday | 04:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
高下駄制作3
まずは草履を乗せる台座(?)の部分を面取りします。

高下駄面取り

愛用カッターナイフ

削るのは主にカッターナイフ…特に木材加工の専門道具があるわけでもなく、3種類のカッターを使い面取りをしていきます。
カッターナイフは段ボール加工の際に使用したもの。
…昔っからカッター好きで鉛筆もすべてカッターで削っています。

高下駄面取り2

ほんと仏像を彫る修行僧のようでしたよ(笑)
まだまだ続きますが・・・

明日の日記をお楽しみに♪

ブログランキングに参加しています。
クリックしてランキングのぞいてみてください。
そしてまたここへ帰ってきてください(笑)
にほんブログ村 美術ブログへ
| 2009.04.30 Thursday | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
高下駄制作2
まずはカットした板に製図します。
電動のこぎりで製図通りに大きさをカット。
パーツは草履底部分×2、下駄の歯の部分×10



カットしたものを並べるともう形になってみえます。
「なんだ余裕ジャン」・・って甘く見てました。



ここから先、修行僧のような作業が待っているとも知らずに…(笑)
| 2009.04.29 Wednesday | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
高下駄制作
ほんと毎日色々な事があって生きてる感満載な今日この頃ですが、気の迷いか以前より必要と感じていた高下駄を作ることにしました(笑)

横25cm縦4cm 長さ2.5m の木材を購入

前の夜に描いておいた非常に大雑把な設計すを元に細かく切り分けます…

高下駄1

さてここからどう展開するか?

明日からシリーズ連載です(笑)
| 2009.04.29 Wednesday | 04:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
侍カフェと浮世似顔絵
笑撃武芸団に出会い、侍カフェに初めて参加したのは今から1年前…
もう1年が経つんですね…早いものです。

浮世似顔絵としてカフェの中で描かれた作品はカラー作品は6枚程
年間6枚ですらかかなり貴重な作品ですね。

浮世似顔絵男性外人さん仕上浮世似顔絵女性外人さん仕上

前回の作品に色を乗た完成作品です。
| 2009.01.24 Saturday | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
浮世絵師 絵青
皆様はじめまして、絵師「東秀葛絵青」と申します。
この名前は今お世話になっている方から命名していただきました。

とても素敵な名前をいただき、名に恥じぬよう筆を揮っていきたいと思っています。

いま取り組んでいるのは「浮世絵」
笑撃武芸団に所属し時代劇を通じ日本の魅力ろ改めて感じています。

線の持つ力、絵に込められた想い・・・

魅せられてしまったものを一生をかけてつむいでいきたい・・・

それを絵と文字で綴っていきたいと思っています。


どうぞよろしくお願い致します。

絵青
| 2009.01.17 Saturday | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Information

ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
<< 2 / 2
CATEGORIES
OTHERS
ソフトパステル
お問合せ
ブライダル・似顔絵教室・大江戸写絵・その他、絵画制作・メディア出演などのお問合せは下記より、お問合せください!

お問い合わせ

笑撃武踊団・侍かふぇ・チャンバラクションなど
お気軽にお問合せください。尚、お使いの環境によってはメールが届かない場合がございます。その際はFax 06-6955-1251まで。

*は必須項目です

*ご依頼社名・団体名・担当者名など

*依頼区分

*住所

-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名

*電話番号

- -

*メールアドレス


(確認用)

出演予定日

*お問い合わせ、質問事項

Powered by FormMailer.